結婚指輪を選ぶときの注意事項・基本についてです。長く使うものなので日常に支障のないものを選ぶようにしましょう。

結婚指輪の平均的な価格はどれくらい

結婚指輪の相場は意外にも安いものです。

最近ではオープンにしてふたりで購入するカップルも。

そうしたトレンドも含めてご紹介しておきます。

■相場として9万円~10万円で“高めの平均”。

結婚指輪は質問にあるように、婚約指輪にくらべると割安感があります。

男性側から女性に贈る結婚指輪も、女性側から男性に贈る結婚指輪も、だいたい10万円台が多くて、それ以下は8万円台、7万円台とつづきます。

割合としては小さいですが11万円台、12万円台という価格もあります。

平均的な相場として9万円~10万円をみておけば、“高めの平均”として間違いないでしょう。

最近では結婚指輪も婚約指輪も、ふたりで宝飾店やジュエリーショップに行って決めるカップルが増えています。

そのように割り切れば、相場を気にせずふたりの価値観で決められます。

海外にはこんなカップルも・・・FBで7万いいね!婚約指輪の適正価格に警鐘を鳴らす女性に賛同の声が相次ぐ

■価格も含めてオープンにするカップルが増加。

男性は女性にくらべて指輪選びが苦手です。

またせっかくプレゼントしても、女性の好みにあわずに買い直す例が増えています。

そうしたこともあって、割り切ったカップルでは女性が両方とも決めて、男性を伴い購入しているようです。

女性からすれば、とくに婚約指はサプライズを期待したいところですが、それよりは割り切った方がいいという合理的な考えが支配的です。

平均的な価格もネットで公表されていますので、高めの相場感覚で購入すればメンツは保てます。

■結婚指輪の相場は9万円~10万円と把握しておけば十分。

シンプルなデザインで品質のいいものを選びましょう。

最近は女性でも装飾感の濃い指輪を嫌う傾向にあります。

結婚指輪は宝飾の少ないリング系のプラチナが昔ながらの人気です。

日常的に指にしていても邪魔にならず、違和感がありません。