結婚指輪を選ぶときの注意事項・基本についてです。長く使うものなので日常に支障のないものを選ぶようにしましょう。

特価品の結婚指輪を購入することについて

フェア期間中の特価品を購入するといっても、結婚指輪にはそれなりの購入時期があります。

早すぎるのは良くないので、セオリーを参考にしましょう。

■結婚指輪にはそれなりの購入時期がある。

結婚指輪にあまりガチガチの定義をつけるべきではありませんが、フェア期間中で安いからといっても、結婚指輪まで先に購入してしまうのは考えものです。

だいたい結婚指輪を購入する時期は、挙式の日程が決まってからです。

サイズ直しの時間、工房の繁忙期なども考慮して、挙式当日の1ヶ月前には決めておきましょう。

オーダーメイドの指輪であれば、ジュエリーショップや宝飾店の店員と相談して時期を決めます。

だいたい3ヶ月くらい前には依頼できるようにします。

■半年以上の時間差はいろいろな面で不安。

もしもそのフェアが、先にお話ししたような期間に当てはまるなら問題はありませんが、半年以上前の購入ということなら見送りましょう。

デザインは次々に新しいものが出てきますので、式の当日に半年以上前の結婚指輪をプレゼントしても、トレンドからは離れている可能性があります。

またフェア期間中は、品質について疑問が残ります。

ただし、よほど気に入ったデザインで、おふたりともに納得しているなら、それでも構いません。

■フェア期間中は値引きや特典付など、魅力のある仕掛けがいっぱいです。

しかしそのような販促時期には落とし穴があります。

第1に、販促期間であるフェアには、メーカーや宝飾店の“売れなければならない事情”があります。

新しい結婚指輪を仕入れて店頭に並べなければならないからです。

辛辣な言い方をすれば在庫一掃品です。

安いなりの素材かも知れません。

フェアに惑わされず、指輪の品質や素材について神経を注ぎましょう。