質屋を何軒か回ると、査定額に違いがあることに気づきます。

それは何故なのでしょうか。

少し違ったアングルから、渋谷・原宿の質屋を眺めてみましょう。

○質流れ品になったときの販売ルートがカギ。

質屋の査定額に差が出る理由はいくつか考えられます。

渋谷・原宿など都心にある質屋では、基本的に若い人が好みそうな質草やIT系の品物が高値になります。

万一質流れ品となっても、それなりの価格で売れるからです。

ところが、質屋にはそれぞれ“市場・流通ルートの得手・不得手”というのもあって、ルートが確立されていない質屋の場合は、知り合いの質屋に応援を依頼したりするので、その分の経費が密かに値引きされていたりします。

○質屋と言っても強みや弱みは店によって違う。

一言で表現すれば、渋谷・原宿にある質屋でも、持ち込まれる商品に強み・弱みがあるということです。

鑑定額に差が出たのなら質屋のチェーン店やFC加盟店ではなく、たまたま昔ながらの個店に持ち込んだのではないかと思います。

あのエリアでも、まだ個店経営の質屋がたくさんあります。

利用し慣れた人は、逆にそのような特徴を使い分け、持ち込む品を決めています。

○都会の中の質屋にも、いろいろな裏事情があります。

それを知って利用すれば、また違った意味の面白さ・発見ができます。

渋谷・原宿といえば、最先端でファッショナブルといったイメージがありますが、それはほんとうの渋谷・原宿を知らない人たちの妄想です。

昔ながらの豆腐屋や精肉店、八百屋もあります。

質屋もそれと同じです。

裏にある素顔を知って楽しみましょう。